トップ > その他

この動画のポイント

Point

室町時代の中期、細川勝元の東軍と、山名宗全の西軍が、今の堀川をはさんで、今出川あたりを中心に戦いました。これが世にいう応仁の乱(1467~77年)です。このとき、西軍が堀川の一条に陣を張ったため、西陣の名が生まれました。正式な地名としたのは足利の臣、大内義興であるといわれています。ちなみに、当時の西陣の範囲は、北は鞍馬口、南は一条、東は小川、西は千本まででした。これより先、平安時代には、織部司が大内裏の後に建設され、朝廷直営で染織美術品が作られていました。ところが、応仁の乱で織工たちは四散してしまいます。しかし、織工たは再び西陣の地に集り、織物業を再興します。桃山から江戸の初期にかけてのことです。

これが現在まで続いている西陣です。

西陣織が発達した理由は、その地に元織部司があったというだけでなく、秀吉が寺之内通に、妙蓮寺、本法寺、妙覚寺、本隆寺、妙顕寺、興聖寺・・・などの寺院を集めたこと、あるいは、小川通りには、表千家、裏千家、武者小路千家のお茶の家元もあり、宮人の屋敷も多く、これらの人々や幕府諸大名もさかんに高級織物を求めた・・・ことなどがあげられます。 

このような土壌があってこそ織物の最高峰といわれるつづれ織りが育成されたのです。

このファッションに似ている商品

Products that are similar to this fashion

京都西陣織着物帯小玉紫泉つづれ織工房

http://jpn.shicen.com/

平成 8 年、小玉紫泉(こだま しせん)が西陣織 爪掻本つづれ(つめかきほんつづれ)の伝統工芸士として認定されて以来、「小玉紫泉つづれ織工房」として、着物帯を中心に数々の作品を制作し、多くの方より評価をいただいて参りました。
世界中の皆様に京都は西陣織の伝統工芸、爪掻本つづれ織りの魅力を知っていただきたく、また、従来からの着物帯だけでなく新たな商品の開発に向け皆様からのご意見、ご指導を賜りたく当ホームページを開設いたしました。
西陣織の歴史は長くとも、時代のニーズに合わせて改良する努力を怠れば、西陣織の発展を望むことはできません。つづれ織の利用用途は従来通りのきもの帯だけでないはずです。当工房では、帯以外の商品として、額や懐紙入れ、金封入れを製作しております。また、ビジネスシーンでもご利用いただけるよう名刺入れもご用意しております。

ライター紹介

About this writer

SHOWHALL

この記事を見ている人はこんな動画を見ています

People have seen this article has seen such a video